COSMOS ~百億年の歴史と一輪の秋桜~

それは、宇宙と一輪の秋桜が奏でる詩(うた)。

碧桜 詞帆

44分 (26,050文字)
アクアマリンさんの『COSMOS』を聴きながら書いた短編です

9 68

あらすじ

 女子高生にしてプロの作詞作曲家である白川秋桜(しらかわ あきな)は中学2年生の秋、不思議な出会いをしていた――。  桜の精だと名乗る、見るからにあやしい男女――桜花(おうか)・守桜(すおう)はなんと

感想・レビュー 1

夢見ることの大切さを教えてくれる作品

花や妖精が出てくる美しい世界観に、読みやすくて透き通るような文章… 私の心にドストライクでした! だけど単にキラキラしているだけではなく、しっかりと現実の厳しさも描かれているからこそ、その中で立ち上が
1件1件

この作者の作品