受賞

影孤ノ夜

私は《影孤》の千蔭。あやかしの市で、私はその子供が欲しくなった。

三村 薔

14分 (7,946文字)
準大賞でした。ありがとうございます。

45 388

あらすじ

影のあやかし・影孤の千蔭は、鬼見の市で売られている人間の子供を見かける。 それまで金銭の必要性もないことから売買に興味を持たなかった千蔭だが、その夜はある理由から子供を買って逃してやることを思いつき…

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

読み応えのある力作

 第3回コサキサク賞に応募ありがとうございます。レビューに参りました。  よく練られた文章で、短編とは思えないほど読み応えのある作品でした。化け物たちの世界がしっかり描写されており、話に入りやすいで
1件1件

臨場感を持って拝読することができました

初めまして。 あやかしの不思議な世界、彼らの関係、展開のスムーズさなど、参考になる点が多々ありました。読了後の余韻もスッキリとしています。 もうすこし子供の感情表現と、どう見目が良いかの描写があれば良
1件1件

明瞭に浮かぶ知らない世界

聞いたこともない世界観を、当たり前のように描き出していて、それをありありと映像化させてくる描写力が本当に見事だと思いました。 また、文章自体は同じトーンでありながら、緩急がはっきり浮かび上がり、シーン
2件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る