見舞い

めちゃくちゃ短いです

清水譽稀

ホラー 完結
3分 (1,686文字)
初期の作品リメイク。

9 34

あらすじ

病室で横たわる男を俺は見ていた。 油断禁物な状態で、もう1人の友人と心配していたが、容体が急変し……。 初期の2人くらいしか足跡付かなかった作品を直しました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

どんな様子だい?

 余命まもないと思われる男と、そのとなりで泣きじゃくる恋人の描写。そして、それを見守る男。そこに友人と思しき男が声をかけてきて……。  ミスリードに引っかかり、友人と思しき男が正体を現した瞬間、ぞわ
1件1件

徐々に加速する怖さ:;(∩´﹏`∩);:

こんにちは(*´▽`*) お邪魔させていただきました。 序盤、明らかになっていく状況。淡々と説明されていくからこそ、得体のしれない怖さのようなものを感じました。そしてそこから少し進むと、「怖いような
1件2件

得体の知れない怖さ

短い中で様々な感情を味わえます。 疑心暗鬼とは言うものの、隙を巧みについてくる作者様のミスリードに感心しました。 最後のうぶ毛がそそけ立つ様な恐怖には、油断して自分は取り返しの付かない結果を招きそ
ネタバレあり
1件1件
もっと見る