受賞

天方家の女中さん

昭和初期、少女が女中として働くことになったのは、奇妙な噂の絶えない天方家。しかも奥様は幽霊で…

黒崎リク

3時間9分 (113,335文字)

50 153

あらすじ

 時は昭和初期。天涯孤独の少女・結月(ゆづき)は霊感が強く、周囲の人達に気味悪がられていた。奉公先を出され、田舎から帝都・東京に出て仕事を探していた結月は、天方(あまがた)家で女中として雇われる。  

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品