獣人嫌い

人間と獣人が共存する世界を舞台にした警察小説

蘇芳

1時間3分 (37,557文字)
東岸署刑事課シリーズ #1

39 2,534

あらすじ

 異種族恐怖症持ちの桐ケ谷虹(きりがや・こう)。  キャリア官僚の卵である彼は、研修の一環として、淡海県警察の東岸署に配属された。  だが、指導役に付けられたのは、ジャーマン・シェパード系の犬獣人、

感想・レビュー 1

問われるのは、普遍的な命題

刑事ものの形を取っていますが、人間と獣人という、世界を二部する 「自己と他者」という概念から、 「理解の及ばぬ他者とどう関われば良いか」という、 普遍的な命題に挑戦された小説と感じました。 事件の進
2件1件