特集

悲しみの先へ

エブリスタの「特集家族」に取り上げられ、イチオシ作品にもなりました。

山田剛

ヒューマンドラマ 連載中 過激表現
2時間1分 (72,095文字)
生きることの意味、それはきっと「悲しみの先」から見い出さなけばならないものなのだろう。

134 5,422

あらすじ

【悲しみの先へ】  主人公山田剛は一九七三年ニ月二十五日、神奈川県川崎市に生まれた。  彼には三つ下の弟がいた。名前は順二といった。  どこにでもある普通の家族、平凡な人生を送っていくはずだった

シリーズタグ

感想・レビュー 1

感情が揺さぶられる

この度はレビュー企画参加していただきましてありがとうございました!!  これは山田さまの人生で起こった自伝ですよね。自伝だけあって、本当にたんたんと紡がれていますが人生甘くない、本当につらいことばか
ネタバレあり
3件1件