闇の中、願う

今は、ひとつだけ。星を見たい。

莇 鈴子

14分 (7,997文字)

4 20

あらすじ

夏の富士山五合目で、星の観測会が行われる。「私」はひとつの願いを持って、一向に切れない雲を見上げていた。それは、昨年の冬に富士登山に挑んだ大学の同級生・黒川のためだった。 「遠くを見ることは、過去を見

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません