滲む墨痕

秘愛と、情愛と、醜愛と――。有名書家の彼と老舗旅館若旦那の夫に愛されて

1,881 9,766

恋愛 連載中 過激表現
3時間32分 (126,799文字)
いつもありがとうございます。お待たせしてすみません。

あらすじ

自己陶酔とは、こういう感情のことをいうのかもしれない。そう思わせる字だった――。 潤は、夫とともに訪れた個展で彼の書に出会った。 彼の書道教室に足を運び、そのときにかけられた言葉をきっかけにして徐々に

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/9/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る