京橋小町

一夜限りの不思議な出会いの物語。

伊勢祐里

17分 (9,983文字)
『エブリスタ作家でGoTo読書』参加作品(大阪担当)

9 115

あらすじ

 二十歳の誕生日、友人に連れられて、京橋の夜へと繰り出した私は、酩酊の末、京橋小町が営むハイカラなバーへと迷い込む。そこでは大正ロマンを思わせる服装をしたお客さんたちがいて――。  一期一会、一夜限り

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません