受賞

月がわらう夜に

<途中までの限定公開中です!> 夏の避暑地を舞台にした幽霊ホラー長編です。ミステリの要素もあります。

海藤文字

ホラー 完結
3時間22分 (120,873文字)
本作は現在、第3部途中までの限定公開とさせて頂いています。申し訳ないですがご了承お願いします!

224 718

あらすじ

<途中までの限定公開中です!> 第4回最恐小説大賞受賞作品 「私」は妻と5歳の息子と共に、夏休みを避暑地の別荘で過ごします。それは、妻と子が経験した事故の辛いトラウマを癒すための滞在でした。しかし、夏

感想・レビュー 3

悪い月が昇るの書籍読みました!

とても、心に響く素晴らしい作品でした! 通常のホラー作品よりも衝撃が強かったです!最後は切なさでいっぱいでした。

予想通りの先にある怖くて悲しい展開

ある程度ホラーやミステリーを読み慣れてる読者なら、事故のトラウマを引きずる家族の描写から感じる予想が当たってしまうかと思います。でもそこからさらに主人公を侵蝕していくもの(何かは書けませんが)が恐ろし
ネタバレあり

日常の違和感とすぐそこにある恐怖。

僭越ながらレビューさせていただきます。 大自然のなかに身をおく表現や描写、夏の暑さに照り付けられる様子など、地の文で詳細に綴られ、文章を読みながらもまるで映像で観ているような雰囲気がありました。とても
ネタバレあり
2件1件