沈む街

ほとんどの場所が水に沈んだ世界で生き残ってしまった医者・ダンテ。ある日、彼は患者から「夕立で街が沈む」と知らされる。

屋根上花火

9分 (5,275文字)

8 694

あらすじ

大災害により、ほとんどの場所が水に沈んだ世界で生き残ってしまった医者・ダンテ。彼は水に沈みつつある街で日課をこなしながら生活していたが、患者から「夕立で街が沈む」と知らされる。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません