濃霧

あの日の前夜、嵐の中で僕たちは恋をした。 幻想恋愛小説

ワタベミキヤ

恋愛 完結
12分 (6,798文字)

10 249

あらすじ

朝霧の張り詰めた冷たい空気が、閑散としたこの街を幻想の世界へと導いていく。 僕は一寸先も見えない濃い霧の中を、車のヘッドライトを照らしながら走っていた。 霧の中から突然現れる対向車の明かりが、少しだ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません