色無き風

祝言を前にした夜。宵闇のなか、少女の心を色無き風が渡る……

つるよしの

4分 (2,230文字)
「色無き風」とは秋の風のこと。妄コン「○○前夜」応募作。もの哀しく痛ましい、ある少女の諦観。

3 51

あらすじ

昔々の、何処かの話。とある寒村に暮らす、貧乏百姓の家に生まれた娘、マツリ。祝言を明日に控え、山菜摘みに山にひとり出かけた夕暮れ、彼女の村は賊に襲われる。マツリは隣村に助けを求めるべく、山道をひた走るが

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

運命と、絶望と、権利と。

こんにちは、三朗です。トピック参加ありがとうございます! 今回も楽しく拝読させていただきました。 あらすじの時点で、すでに絶望的なストーリーのにおいがする本作ですが、やはり、とてもつらい物語でしたね
ネタバレあり
1件1件