ロベリアが咲き乱れるお茶会へ

ようこそ、ご令嬢たちの集まる秘密の茶会へ

山桜桃梅子

56分 (33,235文字)
「エマ・ケリーの手紙」もよろしくお願い申し上げます。

12 304

あらすじ

「ロベリアが咲き乱れるお茶会」への、 不気味な招待状が今年も届き参加をする。 しかしそこへ現れたのは、 「あの方の代わりとして参りました」 二人の少女が雲行き怪しい笑みを浮かべて立っていた。 手

シリーズタグ

感想・レビュー 3

華やかな舌戦

他の作品もですが、描写がすごく丁寧です。 特に登場人物の容姿の表現書き方が好きで… 悪意とプライド入り乱れる淑女の舌戦、素晴らしかったです。 ハダニみたいに扱われる橙の子が、不憫かつ爽快に思いました
1件1件

貴族でも人間だ。

貴族でありながら人間味があるウィロウ、でも貴族として、聖女としての誇りをレイラから学び、その背を追っていく。 話の中に、極自然な女としてプライドなんかも織り込まれており、皆毅然と振る舞う中に溜め込ん
ネタバレあり
1件1件

お花とドレスとちょっとの悪意…女の子はこうでなくちゃと思います

タイトルに惹かれて読み始めましたが、最初の1ページに私の好きなものが詰まっていて夢中で最後まで読み進めていました。 主人公のウィロウは、社交界の花を目指し、月の女神も羨む美貌、殿方にはモテモテで何も
1件1件