タンジーを編む

悪女は一体誰でしょう?

山桜桃梅子

2時間27分 (87,644文字)

12 534

あらすじ

男爵令嬢、アンバー・フランは。 この牢獄のような場所で一生を終えるくらいならば、階級落ちしても構わなかった。 自身の境遇と照らしても、労働者の方がまだ存在意義を見出して息をしている。 平等に与えら

感想・レビュー 2

梅子さんの腕が光っていました

連載お疲れさまでした! 悪意の応酬が見事でした。この辺りは、梅子さんの腕が光るところですね。 私の理解が間違っていなければ、誰もが被害者であり加害者であったということですね。梅子さんのことなので、単な
1件1件

伏線回収が素晴らしい。

最初から張り巡らされた伏線。途中からはリアルタイムで追っていたのもあり、ドキドキさせられっぱなしでした。 終盤になるにつれ、明るみになっていく真実に胸が踊ります。 キャラへの感情移入もしやすく、だけど
ネタバレあり
1件1件