みぐ

怒鳴って人を動かせる能力・・

現代における素晴らしい会社トップとは人望があり、広く部下の意見も取り入れて経営判断を行っていく人材だと思います。しかし過去には、叱責をして経営を行うある意味パワハラ的トップもいました。それは一部の企業
1件1件
みぐ

造り込まれた世界で活躍する魅力的なキャラクター達

小説の世界、それは作者の知識や経験から生み出される架空の空間ですが、本当に面白い小説の描き創り上げるには、その架空世界をどこまで造り込むのか? そしてその中で活躍するキャラクターを如何に魅力的に描き出
1件1件
みぐ

パパとゆーた……どちらがバトルの勝者?

ある意味、小さな子供の親御さんにとって、その子供たちを寝かしつけることは、子育ての中でも大変な苦労を強いられるものなのかもしれません。その寝かしつけの技術によって、自宅で親たちが持てる自由時間やその質
1件1件
みぐ

最高のSF作品

SFの醍醐味はやはりその設定にあると思います。フィクションですからどんなものも描ける。でも、だからこそ、全く異なった世界観を頭の中で創り出し、それを小説として描き上げることはとても難しいのです。まして
1件1件
みぐ

キラリと光るどんでん返し!

ミステリー、推理もののストーリー展開にはいくつかのジャンルがあります。事件の手がかりから真相を導き出すパズラー。素人が真相を解いていくコージー。現場に赴かず推理を進めるアームチェア……。もっとあると思
1件1件
みぐ

二組の絵描きの父娘の生き様・・

親の背中を追って子供が親の職業を継ぐということはよくあることです。しかし父親と同じ職業を志す娘さんは、それほど多くはないでしょう……。でもその場合は、父親が学問や芸術的な才能(センス)に富んだ人の事が
ネタバレあり
1件1件
みぐ

短編の中に紡がれるドラマ……

 驚きました。こんな短編の中に、これほども深いドラマを織り込む作者の力に……。  この作品は一方の男の語りのみで進んでいく手法を取っていますが、登場する二人の人物は驚異的な記憶力を持ち『暗盤』と呼ばれ
1件1件
みぐ

個性的なキャラクターが織りなす閉鎖空間でのミステリー

 人類の宇宙への夢はとても大きなものです。だから我々はそれを実現する為に、これまでも多くの挑戦をしてきました。しかし宇宙開発には様々困難があるのは自明です。そんな宇宙での困難を早期に解決する為、今まで
3件1件
みぐ

深海の暗闇の中で見えたのは希望か?それとも?

地球の表面の70パーセントを占める海。その海は平均深度4750mもの深さあるそうです。地球でも最も深いマリアナ海溝は11000mもの深さで、その強烈な水圧も伴って、人類にとって、その深部の探索は、宇宙
ネタバレあり
1件1件
みぐ

大嘘(フェイク)もモノクロム

短編小説の中で現代と違った世界観を描き切り、そしてその中でストーリーを成立(ワーク)させる事は大変難しい事です。 この作者、潜水艦7号さんは、様々な世界観を創造し、その世界で個性的なキャラクターを操り
ネタバレあり
1件1件
みぐ

スターシード計画の行方は・・

この広大な宇宙の中で地球へ生命が生まれたことは本当に奇跡と呼べるのかもしれません。そして生命はその『生』を新しい土地へ拡大していく本能を持っています。花が花粉をつけ、自分の意志とは無関係に自分の子孫を
ネタバレあり
1件1件
みぐ

『どうにかなる』備えて前向きに取り組めば

 人生には様々な挫折もあり、また思いがけずに上手くいってしまうこともあります。この物語の主人公の爺ちゃんは良いことも悪いことも『どうにかなる』といつも前向きに考えて長い人生を暮らしていました。その爺ち
ネタバレあり
1件1件
みぐ

これはビジネス指南書なの・・?

 この厳しい社会情勢において、グローバル企業を経営するのには多くの困難が伴います。特に日本のお家芸だったモノ造りの企業では、これまで技術力や現場の改善の力でグローバル競争力を維持して来ました。しかし、
1件1件
みぐ

素晴らしいSFの世界観、そして考えさせられるラスト

SFの醍醐味は如何に物語を彩る空想世界を創り上げ、その世界の中で魅力的なストーリーを展開しながら、読者を空想世界に引きずり込むかだと思います。 現実世界で繰り広げられる物語と異なり、この空想の世界観を
1件1件
みぐ

繊細な物語を描きあげる圧倒的な筆力

 この物語は和也くんと有紗ちゃんの二人の視点で描かれていきます。でも物語を柱となるのは盲目の少女、千里ちゃんと、明るく活発な陽一くんを入れた四人の『ライト・フレンド』全員です。  四人が織りなす物語と
ネタバレあり
2件1件
みぐ

未来のオンラインウォーズ!

今”はやり”のオンラインゲームには様々なタイプのゲームが存在します。特にeスポーツは既に世界大会も行われ、このコロナ化では実際のスポーツよりも容易にオンラインで世界中のアスリートと勝負が出来ます。
ネタバレあり
1件1件
みぐ

大発見の足跡が残せなくても……

主人公の彼氏、裕也は事故で両脚を失ってしまいます。しかし彼はそれでも、義足の訓練を進め、夢に向かって歩み続けます。結果として彼の夢は叶いませんが、両脚を失ってもなお前向きに生きようとする彼の姿にとても
1件1件
みぐ

恐怖のコントロールと丁寧なキャラクターの描写

 ホラー作品醍醐味はなんでしょう。その執筆力で読者を底知れぬ恐怖を感じさせることだと思います。でもそれは人の斬殺されるシーンを多用すればよいのでしょうか? 幽霊に呪い殺されば良いのでしょうか?   む
1件1件
みぐ

『ゴミ』を『宝』に換えるリサイクルショップの錬金術!

 『物』でも『人』でも、社会の中で『ゴミ』扱いされることがあります。でもそれが、『物』や『人』の最後の姿ではありません。再利用(リサイクル)により、それらの『ゴミ』が『宝』になることもある・・。この物
ネタバレあり
1件1件
みぐ

神秘的な月への想いを感じて

太古から人類は月を見上げて、その神秘的な輝きに月神や女神としての信仰を感じていました。その月の模様は日本では餅をつくウサギとして、欧米では神の長い女性として、アラビアではライオンに譬えられたそうです。
2件2件
みぐ

50年前なら魔法!

いや面白かったです。最初はファンタジーものかと思いましたが、確かに五十年前ならこれは全て魔法とみんな信じるでしょうね! 小気味よく進む会話、途中から読者も含め、みんなオチを想像しながら進むストーリー!
1件1件
みぐ

あっと驚く謎解き

ミステリー作品におけるの最大の醍醐味は謎解きです。特に読者に驚きと感動を与える為に、散りばめた伏線とその謎を最後まで読者に気付かせない様にストーリーを進め、そして物語のクライマックスで一気に謎解きをし
1件1件
みぐ

迫力のイソマグロとの闘いに目を離せません!

 小説執筆の醍醐味は、その道のプロでない、むしろ殆ど知識のない一般的な読者にも、作中のシーンを釘付けにし、ストーリー中に引きずり込むことが出来るかだと思います。  この作品は小笠原で行われるイソマグロ
2件1件
みぐ

壮大な世界観持った物語に惹きこまれる

 ファンタージーの物語を描く時に最も大事なことはなんでしょうか? ファンタジーは現実ではありません。だから作者が想像(創造)した世界を舞台にどんなストーリーをも描くことが出来る筈です。  しかしこれは
1件2件
みぐ

怪盗の正体とは・・

 怪盗・・ いつも警察を翻弄し、鮮やかな手際で高価なお宝を盗んでいく・・ ただ、どの物語でもその盗みには何らかの目的があります。  この物語もそんな”怪盗”オクトパスが秘宝をとんでもない能力を使って盗
1件1件
みぐ

遅刻の神様とは・・

 人生には様々な勝負があるのですが、この物語の主人公の戦いは在る意味自業自得、そして他の手段(早く起床すること)で解決出来る単純な戦いの筈でした。 しかし、主人公は全く異なった解決策を選択します。 そ
ネタバレあり
1件1件
みぐ

5分で伝えたい事とは・・

この作品は、作者側が5分で何が出来るのか? その点に注目して、過去のエブリスタのコンテストをお題に超短編を5編もこの中に描き切っています。その一つ一つがとても面白い発想が詰まっていて、唸ったり、笑った
ネタバレあり
1件1件
みぐ

心霊現象規制法とは

世界中には様々な法律が溢れています。我々はその法律を守る事が正義と思い込んでいますが、作者の言を借りると、飽くまで『合法か違法か』区別するものであり、「なんでこれで良いの?」と思っても『適法』であれば
2件1件
みぐ

人類の英知と未来への希望

人類の技術とそして英知を活かして、人類が宇宙へ進出してもう60年以上が経過しています。人が夜空を見上げ、月や太陽系の惑星、そして外宇宙への想いを馳せるのは、私達の心の奥底にある冒険心、それともあくなき
ネタバレあり
1件1件
みぐ

『タイムパラドックス』は成り立つのか・・?

物語でタイムマシンものを描く時に必ず問題となる『タイムパラドックス』。 分かりやすい事例は、過去に戻って自分の親を殺したら、自分は生まれず、親殺しも起きないという矛盾です。 この『タイムパラドックス』
ネタバレあり
2件1件
もっと見る