沖島遼

1人の女性が、自分自身と向き合う物語。

人生において、誰しも『ああすれば良かった』と後悔することがあります。 その事実にどう向き合うか。そして、どう生きていくのか。 1人の女性の視点を通して、そういったテーマを重厚に描いた名作です。
1件
沖島遼

短い狂気

淡々とした情景描写がとても素敵で、だからこそラストの驚きが増大すると思いました。 面白かったです!
ネタバレあり
1件1件
沖島遼

自分に立ち返る場所はあるだろうか?

主人公が抱える色々な気持ちが、かつて訪ねた街をよすがに思い出される様が美しい。 少し、ミステリちっくな要素もあり、静かながらぐいぐい読ませる力のある作品でした。
1件
沖島遼

春の木漏れ日のような作品

主人公と男性が、子どもから成長する中で、決して楽じゃない、けど素敵な人生を送る様が、暖かい文体で丁寧に描かれています。 素敵な作品を読ませて頂きました。
1件1件
沖島遼

凄い。

200文字ちょっとなのに、圧倒的文章力でもって、テーマを回収する作品です。 驚きました。
1件1件
沖島遼

不思議

アカって何!? と思いながら読み進めました。 世にも奇妙な物語のズンドコベロンチョの主人公になった気分でした。 素敵な作品に出会えて幸せです☺️
1件
沖島遼

耽美

予備知識無しでも楽しめました。 魅力的な世界観、舞台演出、台詞回しなど、兎に角耽美で美しく、それでいてミステリアスなので、サッと読み進められました。 先が気になります。
1件

この作品は非公開になりました

沖島遼

独特の世界観

独特の世界設定と、疾走感のある表現が素晴らしいと思いました。 登場人物も元気で魅力的だと感じました☺️ 世界観の全容が早く掴みたいです。

この作品は非公開になりました

沖島遼

可愛らしい作品

主人公の移り変わる感情が、見ていてとても可愛らしい作品でした。 また、相手役の政宗公もツンデレのイケメンで、なかなか見応えがあります。
1件