遊野煌

究極の愛のカタチ

究極の姉弟の愛のカタチが、強く印象に残りました。それと同時に、今の日本の性犯罪への法律のゆるさにも一石を投じる、小説だったと思います。誰もがその性犯罪の被害者になったとしたならば、性犯罪者の死を望み、
ネタバレあり
3件1件
遊野煌

苦しみの先の大きな希望に救われました

この度は、朔良さんの覚悟の見える作品に、最初から最後まで釘付けでした。 登場人物それぞれが、小さな心のボタンのかけ違いから、沢山の辛いことや悲しいこと、忘れられない記憶を心に刻みながらも、ラストはそれ
ネタバレあり
2件1件
遊野煌

心の奥深くまで突き刺さる物語

エンゼルケア、僕も行ったことがあります。  血色の失われた顔から、命を吹き返したような錯覚を覚え、目を覚ますのではないかと思うほどに穏やかで。死を忘れて、離れたくなくなるほどに生きているかのような鼓動
ネタバレあり
1件
遊野煌

好きになることに理由はないということ。

涙なしでは読めませんでした。途中、自身に重なるような場面もあり、時間をかけながら、心を落ち着かせながら、読ませて頂きました。切なくて、苦しくて、でも心に寄り添う、未来を感じられる物語でした。 秘密は、
ネタバレあり
4件1件