このページのリンクアドレス

エブリスタ
灰色の瞳

小説 ホラー

灰色の瞳

灰色の瞳

蓮の花

(22)

こっくりさん、それが恐怖の始まりだった。

完結

454ページ

更新:2016/05/11

説明

ねぇ!こっくりさんって、知ってる?
昔 流行ったよね!

友達がね、十円玉に置いた手を離しちゃったの。


そんな怪談、誰かに話してませんか?



恨み、悲しみ、復讐、恐怖

登場人物
それぞれの
そんな想いを書けたらと思います。

よかったら是非、読んで下さい。


表紙ーー[リンク]
亞彌さんに作っていただきました。ありがとうございます。
素敵な小説書かれています。是非見に行かれて下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

すぎ★もん☆
すぎ★もん☆さん
【作品】 灰色の瞳についてのレビュー

拝見させて頂きました

恥ずかしながら感想を……

先ずは完結お疲れ様でした

物語が終盤に近づくにつれて

作品からの引力がぐんぐんと上がっていき、

次から次から付箋の回収が始まり出した時

読み手として、少し休憩を頂きました

それほどの吸引力に

少し怖じけづいたのと

ラストを確りと拝見させて頂きたかった想いも

あったように思います

待って良かったと感じた完結でございました

自身にとりましては

感動感激した、うきうきして元気になりました

そのような部類の作品ではございませんでしたが

作者様の伝えたかった想いが

非常に響いた作品でございました

巡りあわせの不運

運の悪さ、要領の悪さ、不器用さ

恵まれると言う状況はそれぞれであり

等しくそれぞれの不幸もある

それは時代だとか年代だとか出会う人々……

序盤の引き付けを

皆馴染みのオカルトをもってこられた

見せ方の手法もお見事でございました

非常に考えさせられる作品でございました

人は何度でも立ち上がり前を向いて進んでいけるんだよ

理屈ではなく頂いたように感じます

様々なそれぞれの状況を拝見させて頂き

作者様の作品への想いを感じたように思います

迫力のみなぎる筆に引っ張りこんで頂きました

素敵な作品をありがとうございました

楽しませて頂きました

ありがとうございました

好き勝手な失礼をお許し下さい

もっと見る

2016/02/29 21:26
コメント(3)
まーちゅん
まーちゅんさん
【作品】 灰色の瞳についてのレビュー

ネタバレ

遅くなりましたが、完結おめでとうございます

連載開始時から追っかけていた作品なので、本当は完結と同時にレビューを書きたかったのですが、色々思ったり考えさせられたりした作品なので自分の思いを纏めるのに時間がかかりました。
なので、出遅れたこと先にお詫び申し上げますm(_ _)m


社会に出てから、自分の発達障害を知った飛鳥と、学生時代にあったいじめのせいでずっと引き篭もりを続けていた美波の共通点は、こっくりさん。

こっくりさんに限らず、小中学生の大人になりきれていない時分は、大人にすればくだらないそういった事に興味を持ってしまう年頃だと思います。
普通なら若気の至りで仕方ないと片付いてしまうそんな出来事が、登場人物達みんなあの人生を狂わせる発端なっていて……。

身近な出来事を題材に、深い心理描写と様々な人間関係を絡ませた作品で、更新の度にドキドキハラハラしながら惹き込まれて読ませていただきました。


誰しも人目が気になったり、誰かを羨んだり妬んだりする事は、日常に普通にある事です。

飛鳥の障害や、美波の引き篭もり、八重の辛い過去、それらを更に苦しめる事になったのが、人間なら誰しも持っているそんな部分なんだと感じました。

(余談ですが、そんな部分をタイトルの言葉に表現された著者様のセンスが素晴らしいと感動しました。)


そんな部分を持たない人間などいませんし、隠せといっても無理な話でしょう。
だけど、人は色んな事で苦しむものなので、そういった人に理解の心を示すだけでも、飛鳥達のように苦しむ人は少なくなるのかなと希望を持ったり、そういう事が出来る人間になりたいなと思ったり……。

幸い、飛鳥や美波には明るい未来の見えるラストで安心しましたが、八重にも辛い時に心を許せる誰かがいたなら、あんな事にはならなかっただろうと思うと、やはり心が痛みます。

人は、やっぱり誰かと繋がりがないと辛くなるものだなと切に感じた作品でした。

深く心に残る作品をありがとうございましたm(_ _)m


話は少し逸れますが、個人的にトモくんは好かんかったので、美波の決断には(*-`ω´-)9 ヨッシャァ!!と拍手しましたw
まぁ、悪い奴ではないんですけどねぇ(^^;



もっと見る

2016/02/29 21:17
コメント(1)

蓮の花さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント