このページのリンクアドレス

エブリスタ
laptopに触れる あなたの顔が近づいて―…

小説 恋愛

laptopに触れる あなたの顔が近づいて―…

高橋 央り

(1)

絶対に あなたと歩いていく人生がいい…

完結

75ページ

更新:2018/02/16

説明

2月の街写した後 戻る あなたの待ち受け
キュンとして幸せになる やっぱり私の心の鍵みたい

私が他の人を褒めてしまったから 髪も服装も
最近 毎回頑張ってくれてるのかな そうならいいのに

あのね 最初で最後のバレンタインになる可能性があるの
あなたはもう知ってる? それでお洒落してくれてる?


絶対に あなたと歩いていく人生がいい
半年前の手帳 改札でバッタリ会った夜
泣いちゃうくらい幸せで 会えない日多いふたりでも
写真見つめて 私待てるから ずっと繋がっていたい…

―――――――――――――――――
たった1つの 大きな壁 なかったら私―…
寝不足だからこうなのかな そうよね

きっと明日起きたら また我慢できる私に
戻っちゃうんだ… 友達のまま さよなら…

この作品のタグ

作品レビュー

高橋 央りさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません