このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第32回 「もうやめてやる!」という文章を使って書こう

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第32回 「もうやめてやる!」という文章を使って書こう

スケジュール

■募集期間
2016年8月24日(水)11:00:00 ~ 2016年9月20日(火)23:59:59

■結果発表
中間発表:なし
最終結果発表:2016年11月上旬(予定)

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)

募集内容

新作限定! 初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第32弾です。

今回のテーマは
『もうやめてやる!』という文章を使って書こう」
です。

作中のどこかに必ず『もうやめてやる!』という一文を入れた妄想を投稿してください。
セリフに変えても構いません。
変えた場合は、口調や語尾などを変えても構いません。

・こんなブラック企業もう限界だ…
・出会いを求めて海の家でバイトを始めたのに!?
・好きだから彼にこんなに尽くしたのに…
・お見合い50連敗…!?


「もうやめてやる!」と思わず叫びたくなってしまった出来事とは…?
やめたいほどの出来事が襲い掛かった物語の登場人物。
果たしてやめることは出来たのか…?そしてやめたその先は?
それともやめないという選択をしたのでしょうか…?
ホラー、青春、恋愛ストーリーなど、思わず共感してしまったり、クスっとしてしまうような妄想をぜひ投稿してください。
あなたの妄想作品お待ちしています!

上位3作品には賞金+編集部からの選評!
また、上位30作品を結果発表ページでご紹介します。特に優秀な作品には、選評をつけさせていただきます。

過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・公開状態の新作(募集期間内に新規投稿・公開された作品)
・分量は100文字(三行程度)~10000文字
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。
※上記2項目に沿っていない作品は選考外となります。
※完結していなくても構いませんが、選考において締め切り時点での完成度も評価の対象となります。

応募条件

・シリーズ設定されている作品も、エントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでも応募可能です。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サイト等の文学賞に応募中の作品・過去に応募し受賞した作品は選考対象外とします。
・応募締切り後の作品編集可。
※ただし、審査は、締め切り時点2016年9月20日(火)23:59:59のデータで行います。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

開催概要

次回の妄想コンテストは今回と平行する形で2016年9月7日(水)より開催いたします。

Twitterの反応

カノジョノスキ。

小説 恋愛

カノジョノスキ。

志村

ねえ、俺のことなんだと思ってる?

完結

5ページ

金メダル

小説

金メダル

藤代 健壱

完結

2ページ

カウントダウン

小説 恋愛

カウントダウン

西伊里わの

好きになっちゃったから、しょーがない。けど。

完結

7ページ

恋するダイエッター

小説 恋愛

恋するダイエッター

星乃さゆ

女子にとってダイエットへの挑戦は永遠。

完結

14ページ

超・妄想コンテスト

小説

超・妄想コンテスト

正義は辛い

Naon

超・妄想コンテスト 参加作品。

完結

6ページ

その一歩

小説

その一歩

生島 燦

彼女が踏み出せなかった、その一歩

完結

10ページ

選考結果発表

たくさんのご応募、ありがとうございました!
人生の転機に使われるセリフがお題でした。重い決心からふとした心変わり、やめようと思ったけどやめられないシーンまで、個性あふれる決意のシーンが集まりました。
決意の前後でそのキャラクターならではの動機が描かれていたかどうかが、作品の面白さを分けたように思います。

※選評に一部、誤りがありましたので削除いたしました。誠に申し訳ありませんでした。

大賞(賞金3万円+選評)1名

KAORU短編集

小説

KAORU短編集

7歳の君を、殺すということ

著:関井薫

選評:

一気読み必至の作品です。不穏な序盤から次第に謎が明らかになり、やがて重く苦しい選択にたどり着くことになります。主人公と一緒に読者も答えのない問いをつきつけられるような作品です。少しずつ物語の全貌を明らかにしていく手法もお見事。

準大賞(賞金2万円+選評)1名

その一歩

小説

その一歩

著:生島 燦

選評:

映画「トゥルーマン・ショー」を思い出すような世界から脱走しようとする少年少女の物語です。緊迫感があり、短いシーンの切り取り方が鮮やかでドキドキしながら読めました。

入賞(賞金1万円+選評)1名

寄り道

小説

寄り道

赤い染み

著:マーシャント

選評:

夫に不倫された妻の心理を描いた作品です。ちょっとした小道具の使い方が実に生々しいです。描写もまるで目の前に浮かぶようで、筆力を感じました。改行位置は文字数で揃えないほうが読み手に優しいかもしれません。

佳作

笑顔をひとつ 持ち帰りで

小説 ミステリー

笑顔をひとつ 持ち帰りで

著:oxygendes

選評:

ハンバーガー屋で「笑顔」をオーダーしたら…。びっくりするような応対をするヒロインが魅力的で心に残る作品です。

不幸、売ります。

小説 ホラー

不幸、売ります。

著:猫祭☆パル(水面下活動中)

選評:

最初から最後まで暗い気持ちになる、後味の悪い作品です。徹底的に主人公の嫌な部分にフォーカスしており、この短さで濃密な作品に仕上がっています。予定調和的に終わってしまったのが惜しいので、動画サイトの仕組みに切り込んだり、主人公へのしっぺ返しにもうひとひねりあるとよりテーマが際だったかもしれません。

後神(うしろがみ)

小説

後神(うしろがみ)

著:五丁目

選評:

バンドを辞めようとする少女を中心とした青春物語。後悔を吹っ切ったことで成長していく主人公がさわやかで応援したくなりました。続きが読みたくなる優しい物語です。

本の貢物と才女の遺言

小説 ミステリー

本の貢物と才女の遺言

著:葉月彼乃

選評:

ミステリーです。トリックや暗号は多少強引ながらも面白く、独特の雰囲気もあって面白く読めました。二重の仕掛けは楽しめましたが、ラストシーン、彼が今後ヒロインの想定通りになるかどうかには疑問が残りました。日光を浴びないということはないかと思います。

僕の望んだもの

小説

僕の望んだもの

著:野月よひら

選評:

紅茶の描写が生きていて、香りまで漂ってくるようです。そしてその厚い描写がラストのオチにしっかりとつながっています。暖かい気持ちになれました。

ここからいなくなれ

小説 青春

ここからいなくなれ

著:marna

選評:

自殺しようとした主人公が見たものは…。自分の内面に潜り、いろいろな気持ちを一気に取り戻す様子が鮮やかです。ラストのお母さんへの気持ちはもう少し丁寧に描いてもよかったかもしれません。

優秀作品