このページのリンクアドレス

エブリスタ

ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「冒険」

イベント名

ジャンル応援キャンペーン ファンタジー「冒険」

スケジュール

・募集期間 2017年12月4日(月)17:00:00 ~ 2018年2月4日(日)23: 59: 59
・中間発表:なし
・最終結果発表:2018年3月下旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
書評家の三村美衣氏による選評が付きます!
プロに作品を読んでもらう大チャンス!奮ってご応募ください

※大賞~佳作の作品はエブリスタ公式SNSで配信・紹介される可能性があります

講評者プロフィール

三村美衣
書評家。著書『ライトノベル☆めった斬り』(太田書房/共著)、『SFベスト201』(新書館/共著)など。
ライトノベル、SFをはじめとする新人賞の一次、二次選考を担当してきた。
現在、創元ファンタジイ新人賞の最終選考を務めている。

募集内容

毎回ジャンルを指定し、そのジャンルを応援するキャンペーンです!
今回の募集ジャンルはファンタジーで、テーマは「冒険」です。
日常のささやかな冒険から、壮大なクエストまで、
登場人物たちが冒険を繰り広げるファンタジー小説を募集します。

★ゆくぞ! 新天地を求めて! 小人たちが繰り広げる大きな航海の物語
★少年冒険隊結成!ちびっこ5人が見つけたおたからとは?
★山を越え谷を越え、たどり着いた先には●●があった!?
★祖母の口から語られたのは、あの伝説の冒険物語だった
★河童を探して田舎の川を探検だ!


など、「冒険」がテーマの物語を描いてみて下さい。
イマジネーションに満ち溢れた、夢いっぱいなお話をお待ちしております!

応募要項

・文字数は10,000文字以上推奨
・ジャンルはファンタジー(内容がファンタジーであれば、他ジャンルの作品もエントリー可能)
・新作推奨ですが、過去作・他の賞で落選した作品を上記の形に再構成して応募戴くのも歓迎です。
・未完結OK!意欲的に更新されている作品をご応募ください。
・未完結の場合、現在アクティブな状態の作品の方が受賞に有利です。また、選考において締め切り時点の完成度も評価の対象となります。
※非公開作品は審査対象外となります。
・お一人様、何作品でも応募頂くことが可能です。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

応募条件

・シリーズ設定されている作品は、本イベントにエントリーされた話のみが対象となります。
・エブリスタ上での有料作品・無料作品のどちらでもご応募が可能です。
・応募締切り後も作品の編集は可能です。
※ただし、審査は、締め切り時点2018年2月4日(日)23: 59: 59のデータで行います。
・エブリスタ内の公式イベントや、他サービス等の投稿イベントで過去に受賞した作品は選考対象外とします。
・エブリスタ内の重複応募を許容している他の公式イベントにご応募頂いている作品を、本イベントにご応募頂くことは可能です。

みんなのコメント

時をこえて

小説 ファンタジー

時をこえて

火球

かつて、世界を支配していた3人の王が現代で巡り会うはなし。

連載中

35ページ

増幅使いは支援ができない

小説 ファンタジー

増幅使いは支援ができない

aaa

あらゆる『モノ』が、彼の武器。

連載中

423ページ

Find  the Truth

小説 ファンタジー

Find the Truth

†深夢†

真実とは?

完結

225ページ

英雄のいない世界で

小説 ファンタジー

英雄のいない世界で

赤坂皐月

かつて勇者を志した青年は、英雄となる道を捨て、世界の嫌われ者となる──

連載中

971ページ

噴水山と魔術の血

小説 ファンタジー

噴水山と魔術の血

刃波海苔

昔ながらのファンタジー!!を目指した作品。

完結

26ページ

猫と少年の冒険

小説 ファンタジー

猫と少年の冒険

西方冒険記

猫大使

剣と魔法とその他モロモロのファンタジー

完結

1122ページ

選考結果発表

講評者の三村美衣氏からのコメント
=====
「ファンタジーのセンス」
物語に、この世のものではない異物が介在するところが、ファンタジーならではの面白さです。
そして、その面白さを支えるのが、描写です。
たとえば、昨日まで日本の普通の町で暮らしていた人が、魔物が棲む森に足を踏み入れたら、何を見て、どう感じるでしょう。西洋風の石畳の街路の感触、喧騒、町の匂いは?
登場人物をとりまくその場所を思い描いて、特に心を動かされたものを、小説のなかに写しとってみてください。
長々と描写や、説明はいりません。
読者をドキッとさせるような、慣れ親しんだ日常とは違う違和感をさらりと混ぎれこませられれば、のっぺりとした絵に空気が流れ、音が入り、鮮やかで厚みのある世界になります。
=====
大賞、準大賞、入賞作品は一部選評を公開!
佳作作品についても見どころを掲載しました。ぜひ、読んでみてくださいね。
※選評は登録されたメールアドレスへ近日中にお送りします。
※SNSアカウントで会員登録されている場合、エブリスタトップページ上部「現在、このアカウントは仮登録の状態です。本登録はこちら」より、メールアドレスの設定をお願い致します。

大賞(賞金3万円+選評)

恐縮ですが、自宅警備員への問診時間は26時以降でお願いします

小説 現代ファンタジー

恐縮ですが、自宅警備員への問診時間は26時以降でお願いします

著:玖暮かろえ

選評:

まさか後半こんな展開になるとは! ゲーム世界で知り合った引きこもりのヒーラーと、バーサーカーと、詐欺師。3人の出会いから、友情と信頼を育み、知力と技術を駆使してゲーム内のイベントミッションをクリアする。モンスターとの駆け引きが続くゲーム部分もかなり面白いのだが、なんと、後半は現実世界で3人が直に顔をあわせ、○○○○○○○○というミッションを勝ち抜く話にかわる。現実部分は冷静に見れば滑稽だし、展開もキャラも出来過ぎ。なのだが、ゲーム内の命の駆け引きのリアリティが、虚構だらけの現実を成立させてしまった。いや、面白かったです。

準大賞(賞金2万円+選評)

片道勇者と回収屋

小説 ファンタジー

片道勇者と回収屋

著:凪池 シリル

選評:

死んでも何度でも復活できるが、所持金は半分になってしまう、ゲームならではの不条理を逆手にとった短編。日の当たる道を歩く勇士様と、勇士が戻らないときに出動しその死体を持ち帰るダークサイドの回収屋。本来は言葉を交わすはずのない立場的には裏表な2人。ひょんなことからもたらされたつかの間の邂逅が、刹那的にしか生きられなかった両者に、ほんのすこしだけ生きていく希望をもたらす。登場人物の生き方、ユーモアを含んだ筆運びも含め、かっこ良くて、おまけに泣かせる。

入賞(賞金1万円+選評)

聖戦協奏曲

小説 ファンタジー

聖戦協奏曲

聖戦協奏曲~緘黙少女のプレリュード

著:フクロウ

選評:

異世界に転生した少年を主人公にした、王道タイプの異世界参入型ファンタジー。筆も達者で、時々シニカルな口調が交じる語り口が心地よい。魔法学校、執事、権力闘争、友情と恋愛、謎めいたイケメンと、欲張りなほど盛り込んだ設定。内容的には戦闘ありのちょっと派手な人物紹介篇だが、善悪や正義の所在が明確ではない状況を、戦闘シーンで上手にまとめている。まだ方向は見えないが、伏線も多いので今後の展開が楽しみ。

元引きこもり魔術師と絶望勇者

小説 ファンタジー

元引きこもり魔術師と絶望勇者

著:渡辺佐倉

選評:

たぶん後にとんでもないことをしでかすであろう、勇者と魔術師のコンビの出会いを描いた大長編のプロローグ。死んだ魚みたいな目をした人間不信の勇者と、引きこもりの天才おたく魔術師という、歪な引き算キャラが魅力で、この凸凹ペアがこの先に繰り広げるであろう数々の冒険譚を読みたい! と思わせる。

佳作数作品(選評)

砂海の勇者

小説 青春

砂海の勇者

著:多数存在

選評:

咎人、武士、神官、農夫。砂の海をわたる帆船に、様々な文化や背景を背負った人々が乗り合わせ、事件が起きる。広範な世界設定が一隻の船に押し込められたグランドホテル型群像劇。まだ序盤だが、この先の展開を期待させる。

El Pirata Del Grimorio ~魔導書の海賊~

小説 ファンタジー

El Pirata Del Grimorio ~魔導書の海賊~

El Pirata Del Grimorio ~魔導書の海賊~

著:平中なごん

選評:

悪魔の力を呼び出す魔導書が禁書扱いとなった時代に、それらを強奪・複製して、大量販売する海賊船があった……。もうひとつの大航海時代を背景に、権力に抵抗する癖のある若者たちの活躍を描いた、アクション満載の海洋冒険ファンタジー。歴史的背景を下敷きにずらした世界設定が安定しておりキャラも魅力がある。

漫画の住人

小説 青春

漫画の住人

著:星本輝(元ウッディ)

選評:

大好きなマンガの世界に入れたら? 登場人物の恋愛を応援し、彼らの幸せを願うヒロインの冒険を描いたかわいらしい作品。荒削りだが、とにかく楽しんで描いてるところが好印象。

英雄のいない世界で

小説 ファンタジー

英雄のいない世界で

著:赤坂皐月

選評:

剣に銃がとってかわったために、勇者になるという目標を失い無為な日々を送る青年。レジスタンスの女の子と知り合ったことから、彼の時間が再び動き始める。ちょっとシニカルな語り口が読ませる。