このページのリンクアドレス

エブリスタ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第82回「真夜中」

SNSで特集情報をお届けします!

5分で読める短編小説シリーズ

イベント名

三行から参加できる 超・妄想コンテスト 第82回「真夜中」

スケジュール

・募集期間: 2018年7月25日(水)11:00:00 ~ 2018年8月26日(日)23: 59: 59
・中間発表:なし
・最終結果発表:2018年10月中旬予定

大賞(賞金3万円+選評)1作品
準大賞(賞金2万円+選評)1作品
入賞(賞金1万円+選評)1作品
佳作数作品(選評)
※大賞、準大賞、入賞または佳作(以下、「受賞」という。)の作品はエブリスタの短編小説シリーズ「5分シリーズ」に収録される可能性があります。(収録を依頼する場合には、受賞者に別途、ご連絡させて頂きます。)
短編小説シリーズ「5分シリーズ」
※受賞作品はエブリスタ公式SNS等で配信・紹介等される可能性があります
優秀作品(結果発表ページでご紹介)
ピックアップルーキー(結果発表ページでご紹介)
※大賞・準大賞・入賞作品を除く上位30作品を優秀作品として、結果発表ページでご紹介します。
※上位30作品まであと一歩だった作品の中で募集期間終了日より3ヶ月以内に会員登録された新規作家の作品を、ピックアップルーキーとして数点、結果発表ページでご紹介させて頂きます。

募集内容

新作限定!初心者大歓迎!
三行だけでも、中編小説でも、妄想を炸裂させた文章ならなんでも応募できるコンテスト、第82弾です。
今回のテーマは、「真夜中」 です。
どこかに必ず「真夜中」が登場する妄想を投稿してください。

・熱帯夜。眠れない俺が見たものは……。
・両親の目を盗んで抜け出す夜。憧れの先輩との待ち合わせ。
・深夜2時。突然上司に呼び出されて会社に向かうことに。

夜って神秘的なイメージがありますよね。
そんな「真夜中」にまつわるあなたの妄想をお待ちしています!
過去の妄想コンテストはこちら

応募要項

・本イベントの募集期間内に新規投稿された作品。
・文字数は100文字(三行程度)~8000文字
※制限文字数未満又は超過の作品は選考対象外となります。
※非公開設定している作品は、選考対象外となります。
※連載中で未完結の作品の場合、更新頻度の高さや募集期間終了時点での作品の完成度も含めて選考いたします。

次回予告

次回、妄想コンテスト第83回のテーマは「青」です。
本イベントと平行する形で2018年8月8日(水)より開催いたします。
※作品は次回の妄想コンテスト第83回の募集期間内に新規投稿してください。募集期間前に投稿した作品はご応募いただけませんので、ご注意ください。

応募受付

応募するにはログインしてください。

ログインする

みんなのコメント

Twitterの反応

カッターシャツ

小説 青春

カッターシャツ

さき

完結

2ページ

真夜中のジョギング走者

小説 恋愛

真夜中のジョギング走者

激甘桜餅

深夜零時過ぎ、彼は毎日走っている

完結

9ページ

ホストの僕

小説 恋愛

ホストの僕

路地裏の裏

妄想コンテスト「真夜中」応募作品

完結

20ページ

Honey Moom

小説 詩・童話・絵本

Honey Moom

水浅厭世

完結

3ページ

真夜中のシークレットミッション

小説 ヒューマンドラマ

真夜中のシークレットミッション

上山流季

【今日のミッション】コンビニでカップ麺を買うこと

完結

6ページ

真夜中

小説 ミステリー

真夜中

うみゆり

真夜中コンテスト用に書いたやつです。

完結

1ページ

選考結果発表

真夜中、現実と幻想の境目が少し揺らぐような不思議さを感じさせてくれる作品が集まりました。ホラーもの、幽霊に自殺といった題材の中では、プラスアルファの設定が光る作品がより読ませるものが多かったように思います。神秘的な秀作が多く、選考に大変難航した回となりました。

大賞(賞金3万円+選評)

夜の翼

小説 ファンタジー

夜の翼

著:時間樹

選評:

夜に魔法を使えなくなる異端の魔女と、昼に飛べない有翼人の物語。登場人物の設定に無駄がなく、起承転結のバランスもとても良く、ちょっと意外な仕掛けもある完璧な作品です。ワクワクする世界観で、この物語をずっと読んでいたい気分にさせられました。

準大賞(賞金2万円+選評)

ママ

小説 ヒューマンドラマ

ママ

著:井川林檎

選評:

しっかりものの少女と「ママ」との会話、更に二人から語られる「まりあさん」。三人の関係は……。「ママ」のキャラクターが良く、主人公との関係性も相まって楽しく読めつつ、最後にはじんとさせられます。

入賞(賞金1万円+選評)

午前0時、きみの影を追いかけて

小説 ヒューマンドラマ

午前0時、きみの影を追いかけて

著:小谷杏子

選評:

生意気な少女は真夜中に家を飛び出して……。自己責任論をふりかざす主人公の「若さ」には理由がありました。最初はともすれば読み手が反感を覚えたり苦笑してしまうかもしれませんが、読みすすめるにつれて主人公の印象が変化していきます。構成力、演出力がズバ抜けていました。

佳作

未来願望伝

小説 SF

未来願望伝

著:吉岡幸一

選評:

「望みの未来を書き、それを買ってもらえると願いが叶う」という“未来願望伝”。本を売る店主のシニカルな語り口が印象的でした。ブラックなショートショートとしての完成度がとても高いです。

なまえは、まだ、ない。

小説 現代ファンタジー

なまえは、まだ、ない。

著:浅葱いろ

選評:

あの世との境目で出会った不思議な少年は……。少し構成が複雑なので見せ方に練習の余地ありですが、タイトルに深い意味があり、どんでん返しの要素もあって胸を打つ作品です。ラストシーンの余韻も素敵でした。

真夜中の秘密集会

小説 ミステリー

真夜中の秘密集会

著:せき子

選評:

新興住宅が増えた新しい街で、街の平和を守るために動いている裏の自治会。街の事件が非常に重大なのでドキドキしながら読み進めていくと……。計算されつくしたエンタメ性高い作品です。

ランプの灯が消えるとき

小説 現代ファンタジー

ランプの灯が消えるとき

著:梨鳥 

選評:

闇に浮かび上がるランプ屋では、ランプの灯を消すと持っている後悔が消えるという……。主人公である少女が語る「後悔」の描写がとてもやるせなく、苦しいです。主人公が抱える罪が精算されることはないですが、読後感は決して悪くなく、読者の胸に何か大切なものを残してくれる絶妙なバランスの着地点になっています。

港区、宵町くれなズム

小説 青春

港区、宵町くれなズム

著:クナリ

選評:

特殊能力の名は「くれなズム」、ヒロインの能力は電線の上を歩けるだけ。能力の設定と使い方が上手く、爽快感と切なさを与えてくれるストーリーと相まって惹き込まれました。

Perfect Night

小説 現代ファンタジー

Perfect Night

著:郷海 希

選評:

主人公と魔女が恋に落ち、やがて次代の魔女が生まれ……。壮大な現代ファンタジーの、新ヒロイン誕生譚のような雰囲気です。ファンタジーと現代的な要素とのミックス具合が独特で心地よく、世界観に浸りながら読めました。

ちさの姫、薫る真夜

小説 ミステリー

ちさの姫、薫る真夜

著:満月 兎の助

選評:

王道の勧善懲悪ストーリーに、バディ要素や耽美・残酷描写も加わって完成度の高い作品に仕上がっています。このキャラクターで続きが読みたくなりました。

醜形タクシー

小説 ホラー

醜形タクシー

著:通気口

選評:

タクシーの後部座席に美人が乗ったら気をつけて……。王道ホラーながら、ヒロイン(?)の描写にちょっとしたリアリティがあり生々しさが恐怖をかき立てています。ラストの表現が印象的でした。

彼女の指先を覚えてる

小説 恋愛

彼女の指先を覚えてる

著:ハナ

選評:

名前も知らない隣の彼女と……。恋のはじまりを描いた作品です。ベランダで起こるやりとりのふわっとあたたかな雰囲気が文章のそこかしこにあふれていて、やさしい真夜中を演出しています。ラストの展開も甘すぎず、ほのかなオトナの味わい。

真夜中のシ役所

小説 コメディ

真夜中のシ役所

著:平中なごん

選評:

憧れの公務員合格。しかし配属されたのは真夜中勤務のヒミツの部署で!? わかりやすいキャッチーな設定に加え、導入もスピーディで読みやすいです。また、お客さんからのクレームの内容がいかにも役所に寄せられそうな内容で、リアリティがファンタジーを補強する技を見せてくれました。ドタバタコメディで楽しく読め、続きが読みたくなります。

優秀作品

ピックアップルーキー