流離いの英雄。

「魔力からっきしでどうしろって?!」[762頁:主役《異界の旅人》]

紆曲 晴人

14時間58分 (538,355文字)
『テレキネシスと魔法使い。』にて、4年後の主役たちも活躍しています。ぜひ……!

759 289

あらすじ

“彼らの真実。それは、彼らのみが知る。” --迷い込んだ異世界。 「魔力からっきしでどうしろって?!」  一般高校生、逃げる主役。 「見つからなかったその時は、腹括って殺すから」  過去を探し

感想・レビュー 8

 処女作でこれはすごいと思います。  コメントを見ると行き当たりばったりとのことですが、行き当たりばったりで、こういう本格的な長編の書き方が出来てしまうのは、迂曲さんの頭の処理能力が高いからなのだろう
ネタバレあり
2件3件
凄く序章が哲学的というか独得の雰囲気があって良かったです 文書も緻密というか語彙とか表現が丁寧な印象受けました きになったのは人物の多さ 20ページに10人くらい出て来る パーソナリティーがあまり記
1件
場面の切り替えがハイテンポで、面白いです。 フリの長さが、期待感を煽って、さきが楽しみになりました。
1件
もっと見る

この作者の作品