とある中年騎士と幼き姫君の道中録

表面上は平和となった世界。とある中年騎士と幼き姫君の優しく切ない道中録。

童子

ファンタジー 休載中
3時間25分 (122,530文字)

575 912

あらすじ

 * * * 昔あるところに、平民の少年がおりました。 ある日、父親の行商の供に街へと赴いた時のこと、そこで美しき姫君に見初められ、少年は騎士となります――姫君の騎士に。 そして時は流れ、少年騎

シリーズタグ

感想・レビュー 9

更新が待ち遠しい…
1件
はい。依頼ありがとうございます。さっそくですがレビューします。 キャラ一人一人の個性が出ていていいですね。物語も主人公が聡明で強いものでしたから、すごく楽しく読むことができました。ただ、物語の設定上難
ネタバレあり
1件2件
サークルから来ましたトオルです。 辛口で、とのことでしたが。 既出のご指摘以外ですと、 4ページ 二十年という表現のあとに、十と二つの年齢と表現されました。 普通に十二としたほうがスッと入るか
ネタバレあり
3件1件
もっと見る

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る