月の光にさらされて

月の光の下、受け取る者のいない懺悔が語られていく――

ひいろ あき

BL 完結 過激表現
6時間37分 (237,774文字)

990 6,613

あらすじ

緑深い山間の過疎の村で隠れるように暮らす深南柊二。 柊二の村に夏のある日、大都会から一人の男がやってくる。 貝塚佳彦と名乗るその男は、柊二の生活に小さな波紋を作っていく。 貝塚から好意を寄せられ

感想・レビュー 4

とてもクオリティの高い作品で、時間を忘れて夢中で読んでしまいました。 ストーリー展開も素晴らしかったですし、人間の多面性みたいところまで描かれていて、BLとしてだけでなく、普通に小説として満足度の高い
西崎部長の方から先に読んでしまったので、まさかのあの人が!という感じでした。 でも、みんな幸せになれて良かったです。 スピンオフ楽しみしていますね(*≧∀≦*)
1件1件
完結おめでとうございます。 他者との関係性の中で、人は時に被害者になり、同時に加害者にも成りうる。各々の立場や見方によって、その出来事や人物像がこんなにもガラリと変わるのだと。愛情と憎悪、その紙一
7件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る