反芻と逡巡の日常

その日常はいつになっても変わり映えのしないものだった。

冨森駿

SF 完結
7分 (4,026文字)

8 587

あらすじ

三行から参加できる 超・妄想コンテスト「教室の戸を開けたら、そこには」で始まる小説を書こう参加作品その②です。

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 2

この作品のメッセージは、何なのか? 昔より、言われし言葉 《愚者は、経験から学び  賢者は、歴史から学ぶ》 かめが、思い出したフレーズ 作者様の思いが何処にあったのか? 興味深い作品です!
ネタバレあり
2件1件
定番のループもののホラーで物語に惹き込んで、最後にSF設定で落とす……見事な話の下ろし方だなと思いました。
ネタバレあり
1件3件

この作者の作品

もっと見る