岬にて

あの夏の海辺の記憶を、明るい場所に出してやりたかった。

かず

恋愛 完結
14分 (8,348文字)

12 60

あらすじ

三浦半島南部の陽光とゆったりした海辺の時間が、 過去に囚われた一人の男を、明日へと後押しする。 ………………… 京急グループ小説コンテスト 『未来へ広げる、この沿線の物語を書こう』 参加作

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 6

京急線の三浦海岸駅の周りには観光スポットがいっぱいあるきゅん♪ 岬での出会いで主人公が前向きになってくれてよかったあ♪
1件1件
幼き頃の記憶を辿り、行った先の三浦海岸でのひとときの出会いが主人公の気持ちに少しだけ変化を齎す・・・。 海の音と綺麗な風景が目の前にありありと浮かび、物語の世界に本当に入り込んでしまったように、夢中に
ネタバレあり
3件
とらわれから抜け出す処方箋は、今を生きることなのでしょうね。とか言ってみる。 そういえば横須賀より南には行ったことがないので、今度駅で青色バスを探して岬巡りをしたいと思います。 防府を舞台にした短
ネタバレあり
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る