特集

たぶん、きっと、ずっと、僕は

あの頃の僕は幼くて君を守ることができなかった

佐久間マリ

恋愛 完結 過激表現
6時間38分 (238,331文字)

3,715 4.1万

あらすじ

高校卒業とともに上京し、デビューして五年。中学の同級生で結成したエッジワースはいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ロックバンドへと成長した。 そんな時、高校の同窓会の報せを受ける。その幹事は、ボーカル桐谷歩

感想・レビュー 15

大好きな作品になりました。

佐久間さん とある作家さんが、 佐久間さんの「八田町アンバー」が 好きだと言われていたのが きっかけで読ませていただきました。 その後、こちら、 「たぶん、きっと、ずっと、僕は」 を貪るように読了
8件1件

戻してください

青春のキラキラがとても眩しくて、何回も読み直しきゅんきゅんしてました(笑 なのに手直しで[ギフト]の歌詞がなくなるなんて‼︎ 手直しで増える分には嬉しいですが、削られると思い入れがあった分切ないです。
10件

ありがとうございます。

何度も繰り返し読ませて頂いてます。 本当に大好きな作品です。 先日、更新通知が来ていたので、またまた読み返しているのですが、 『ギフト』は、確か歌詞があったように思うのですが…。私の勘違いか、読み
5件3件
もっと見る