特集

哀しみのさき、雨のあと

自分に代わって貴方を愛せなんて、そんなの傲慢すぎる。

ひいろ あき

BL 完結 過激表現
3時間4分 (110,036文字)
尾張屋らんこさんから2018年Verの表紙を戴きました!

1,045 5,522

あらすじ

激しい雨の夜に藤岡悠希にもたらされた一本の電話――。 それは昔の上司、各務昭雄の訃報を知らせるものだった。 各務の葬儀に向かうべく訪れた街で、悠希は各務の息子、彰吾と再会する。逞しく成長した彰吾

タグ

感想・レビュー 5

感動しました!

あまり切ない感じの小説は読んだことがなかったけど、 良かったです! すごく愛が深くて感動する作品でした。
完結してから少し経過していますが、読み終えた気持ちを表現したく書かせて頂きます。 美しく且つ丁寧な描写、纏まった文章に冒頭からハマり、一気読みさせて頂きました。 切ない心理描写にも胸が打たれます。
ネタバレあり
5件1件
泣けましたー!涙 涙 でした! よかったです。切なかったです。 後半孤独との戦いでしたが、ラスト幸せいっぱいになれてよかったです。二人の幸せな明るい未来が目に見えます。
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る