ハオエの海

どうせ死ぬなら、海の上がいい。どんなに寒くても冷たくても、海がいい。

かず

18分 (10,743文字)

34 452

あらすじ

『ハオエ船頭』 それは片足の健一郎に残された、 漁師として生きる唯一の道だった。 ……………………… 『1万字小説を書いて「yom yom」編集長に読んでもらおう!コンテスト』 参加作品

シリーズタグ

感想・レビュー 6

ハオエの海。骨太な物語でカッコ良かった! 海の男の情熱と青春に何とも言えない色気を感じます。 まだ未読の方は是非一度ご覧下さい。
1件
 まず冒頭の1ページで主人公のルーツをテンポよく紹介され、主人公にも漁師の血が通っているのが凄く伝わりながら、メインテーマとする海を強く印象付けられています。 ニシン漁やソーラン節の説明もみっちり書
ネタバレあり
1件
ソーラン節というのは、はじめの一節を口ずさめる程度には知っていたんですが、ニシン漁で歌われた作業歌だったなんて。 描写もとても巧みで、なんとも羨ましく思いながら、素直に感動していました。 高校時代に
1件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る