半分のリンゴ

【短編】旋律は辛辣な言葉を添えて私への憎しみを歌いあげた。

かの未琴

恋愛 完結
8分 (4,681文字)

13 190

あらすじ

加治川くんと、私。

タグ

感想・レビュー 2

なんなんだろう……この見事な語り口。 未琴さんが男で、時代が時代なら、落語家として古今亭志ん生超えてんじゃねえかってぐらい。 頭の中の言語中枢が、八極拳の達人の殺戮技術かってぐらいバキバキ
1件2件
僭越ながらレビューさせて頂きます。 冒頭から惹き込まれる展開。半分のリンゴを上手く使い、秀逸な文章力に乗せた世界観から目が離せなくなりました。 心の葛藤、まげられない決まっていた答え、未来への想像
ネタバレあり
1件2件

この作者の作品

もっと見る