見上げた先には恋がある

通勤途中に見かけたのは彼のあられもない姿だった。

378 497

BL 完結 過激表現
1時間10分 (41,535文字)
あるBLレーベルの小説大賞で三次選考まで残った作品です。皆さまに楽しんでいただけると嬉しいです♪

あらすじ

残業中の喫煙ルームで木崎大河は、会議に来ていた取引先のシステム責任者、水無月馨に声をかけられる。 電話とメールでのやり取りしか知らなかった大河は水無月の想像通りの姿に、つい心が弾んでしまう。 しかし

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

面白かったです*\(^o^)/* シリアスなお話かなぁって思ったら、馨さんの作戦だったとは…(*´艸`)フフ でも偶然に大河さんが空を見上げて出会うなんて縁ですねぇ☆ 佐竹さんには、もう少し痛い目に

その他情報

公開日 2017/6/24

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る