温かな背中

嘘で結ばれた、その絆でも。

遊木千周@IN率低下

18分 (10,307文字)
3/28:2000☆ありがとうございます! ふだんはBLを書いています。畑違いかも知れませんがよろしくお願いします。

35 3,845

あらすじ

大学教授の父親とふたり暮らしの高校生・絢沢透都(ひろさわゆきと)。 プラス、現在では6匹の犬猫たちとともに悩み多き日々を送っている。 巷では、理想像と評される父親・透成(ゆきなり)だが、 実は彼には非

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

「そこに見えるのは、すべてをやわらかく享受する確かな強さ。」 素晴らしいお言葉。 もう、そういう背中になりたいです! 大きくて、広くて、止まりやすくて、すべての鳥が安心して、乗っかっていられる、みんな
1件5件
やはり千周さんの小説は言葉の使い方が綺麗で、とても読みやすいです。1ページ中の文字数が少し多めでありながらも、飽きることなくスラスラと読めてしまいます。 ネタバレになってしまいそうで、どこまで書くべ
1件3件
ネタバレなしで書こうとすると、あまり多くのことは言えませんが… 本当に素敵なお話で、読後にもう一度最初から読み返したくなること請け合いです! 無駄のない構成の中に緻密に散りばめられた伏線を、一つも取
1件4件
もっと見る