氷海鳴き(旧)

流氷がやってきて取り戻す。喪失感は氷のように冷たい。

2 20

14分 (7970文字)

あらすじ

※現在「氷海鳴き」は再構築したものを別ページにて公開しています ※こちらのページの「氷海鳴き(旧)」は8000字以内にまとめたものです ※新しい「氷海鳴き」では文字数を増やし、一部展開や結末を変更して

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/3/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る