受賞

僕の満開があなたの上で舞い散る時、幕が上がるのか下りるのかは、あなたに委ねようと思う。

終わる事と始まる事は、必ず同時に訪れる。

ムラタ マユミ

8分 (4,491文字)
桜の木の下で 応募作品です。佳作いただきました(o^^o)

22 303

あらすじ

──僕はあの人と18年ぶりに再会する。 限られたスペースで咲き誇る桜の木の下で、あの人を待つ。 これは終わりか始まりか、そんな事はもう分かっている。

感想・レビュー 15

十八年ぶりの母子の再会でのよそよそしさ、 微妙な心の機微が文体に表れていました。 ただ残念なのは、地の文で「食べれない」と 書かれていたところ。 会話文では、敢えて「食べれない」と 書いても、その人物
1件1件
桜の木の下で、佳作おめでとうございます。 〇〇して〇歳の時に別れた〇〇と〇年ぶりの再会。 〇しみしか湧かない。 一緒に〇事はするが、〇〇面して欲しくない。 当然だよね、自分を〇てた人だもの。 ど
ネタバレあり
2件1件
佳作おめでとうございます!!! 繊細で素敵な作品でした(*´ω`*)
1件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る