無月恋歌―この愛が満ちるとき―

昭和初期と現代の二つの恋が切なく交差する文学系📙ミステリBL。

行原荒野

BL 完結 過激表現
1時間49分 (64,876文字)
馨と槇田の甘々後日談🌼UPしました! (あらすじ欄下部をご覧くださいませ!)3000☆ありがとうございます‼! 

532 3,675

あらすじ

大学生の槇田紘一(まきたこういち)は、同じ下宿の住人で映像翻訳家の高森馨(たかもりかおる)を意識していた。槇田がかつて愛した女性に似ているからだ。馨がゲイだと知り、槇田は戸惑いながらも、ますます彼を意

感想・レビュー 2

美しい題名にぴったりな素敵な作品

ノスタルジックな雰囲気の中で、解き明かされていく謎に引き込まれました。過去と現在がリンクしているようなところが絶妙で、人の弱さや激しさが痛いほど伝わってきました。 『この愛が満ちるとき』……見事に愛が
1件1件

狂おしく切ない恋

切ない恋心が過去と現在を不思議に繋いでゆくお話にグッと引き込まれてしまいました。槇田と馨が結ばれて本当に良かった!とホッとすると共に、水澤泡影の存在の儚なさに泣きたくなりました。北川達の悲しみや絶望が
3件3件