狂犬病

いつかこの狂った犬を、愛しいと思う日が来るのだろうか──。

鴻上 縞

BL 完結 過激表現
2時間13分 (79,404文字)

480 1,692

あらすじ

 東京の片隅、村上は、とある事情で小笠原と言う男の持つ小さな玩具店で働きながら、その小笠原の犬である八雲の家に居候として暮らしていた。  自由奔放で冷めた八雲と、生真面目ながらどこか斜に構える村上は意

シリーズタグ

感想・レビュー 3

知らなくてはいけない世界

子どもを持ち、育てていく中で、自分が子どものときに思っていた世の中とは大きく違う世の中があることを知りました。 親は子ともがかわいくて当然 親は子供を育てて当然 血のつながりがあれば・・・ そんな
2件1件
文章がとても秀逸で、「BL」というくくりでは読む人が制限されてしまいもったいないな、と思えるようなしっかりした文学作品でした。 謎の美青年・八雲に興味を持たせるような描写が秀逸ですし、主人公である村
6件3件
1ページ読んでみて、絶対面白いと分かりました。読めば読むほどにそれは増すのに結末までは見通せない歯痒さが、読者としては悔しくも嬉しい瞬間です。マイリストに追加させて頂きました。 他作品はこれからゆっく
2件1件

この作者の作品

もっと見る