海の唄

唄が聴こえる。遥か遠く、深い深い深淵から────。

鴻上 縞

30分 (17,636文字)

8 260

あらすじ

 母が死に、単身父の暮らす異国へと帰国したコウ。突然の別れに塞ぎ込む心を解きほぐしてくれたのは、かつての友人と変わらぬ美しい海だった。  しかし深い心傷を癒そうとするコウの前に次々と訪れる変異。変わり

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

とても美しい。うまく言葉が出てきません。

海と、母と、喪失と。 なんだかいつもは感想に言葉がするすると出てくるのですが、この小説は逆に読者から良い意味で言葉を失わせるように感じます。 きっと全て本文の中にあるからなのでしょう。 海は優しく厳し
1件1件

この作者の作品

もっと見る