ゼロの体温

ゼロの体温に触れる時、彼女と彼は確かな温もりを感じた

43 676

2時間22分 (84,769文字)
双葉社応募作品

あらすじ

ある少女が学校の屋上から何者かによって転落死させられた。 証拠もなく、警察は自殺と断定。 それから2年後、そこへ入学した小比類巻梢(こひるいまきこずえ)と、宝生理恩(ほうしょうりおん)。 彼女は

タグ

感想・レビュー 4

毎日更新をこんなに待ちわびた作品、無かったのじゃないだろうかと言うほど、毎日楽しませていただきました。 本当にありがとうございます! 物凄い能力を持ったダサオと呼ばれるリオン君と、美女すぎる梢の新し
心霊ミステリーは難しい。ミステリーが強くなるとしらけるし、ホラー度が強くなるとミステリーがアンフェアになってこれまたしらける。 本作はうまくバランスを保ちながら、物語の面白みを最後まで感じさせてくれて

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

その他情報

公開日 2018/11/5

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る