馳ぜて 溶けて 落ちる

菜乃の全部を、俺のものにしたい。それが涙にまみれたものだったとしても、それでも。

650 2,593

恋愛 完結 過激表現
20分 (11,717文字)

あらすじ

菜乃は知らない。 俺が毎日この家で、 どれ程の劣情を抱えていたか。 抱えきれなくてもがき苦しんだ日々が、 どれほどに甘く苦痛だったか。 「お兄ちゃん、待って」 冷たいドアに、 菜乃のちいさな手の

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/11/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る