あおぞら

父との繋がってゆく想い

5 381

2分 (1,101文字)
超・妄想コンテスト「そして空を見上げた。」

あらすじ

喪ったものへの想いは尽きる事無く。

目次 1エピソード

感想・レビュー 8

優しい気持ちに

何度も読み返している作品です。 お墓まいりは短い時間ですが、故人を偲ぶ事は自分の根幹から未来、その先々の宇宙までをも感じることなんだなとしみじみ思いました。 大切な人を亡くしぽっかりと空いた穴をそ

何度も何度も読み返したくなる作品

もしかしたら。これまでに大切なひとと死別したことのある読者の多くが、あの日、自分の胸のうちに込み上げた感情を今作品の中になぞるのではないでしょうか。 「あの日」からまだ日の浅いひとは切なく、いくらか

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

その他情報

公開日 2018/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る