ナギと博士と缶詰工場

少女ナギは博士から「自分を缶詰にしてくれ」と頼まれるが・・・・

46 1,941

SF 完結
1時間13分 (43,205文字)
崇高なる狂気。最後は心癒されるSFファンタジーです。

あらすじ

ナギが訪れた不思議な缶詰工場。博士の創り出す缶詰は宇宙を越えた異世界へと繋がっていると言う。大発見か誇大妄想か。ナギと博士が崇高なる狂気の世界に迷い込む。

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

かっとんでんなーと。

タイトルと説明(「少女ナギは博士から「自分を缶詰にしてくれ」と頼まれるが・・・・」)がいいな! と思って、読みはじめた。 ただ、内容は想像していたよりかっとんでいた。キャラクターも設定も。 ガチSF

宇宙の謎に迫った二人のラブロマンスなのか…

アドックです 新生"ナギと~"読み終えました。 "ナギと~"は、機会があったらまた読みたいと思ってましたので、今回再掲載されて、即効で読ませて頂きました。 かなり、スマートに編集されていて、今回

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る

その他情報

公開日 2019/2/1

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る