特集

橙武者、推して参る

謎多き剣客、岩見重太郎と後身・薄田兼相。その熱き人生。

58 1,402

4時間48分 (172,411文字)
武道ライターを生業とする作者の時代小説。旅と出会い、闘争を通しての少年の成長を描きました。

あらすじ

 以前、天橋立神社をツーリングで訪れた際に着想を得て書き始めた作品。連載完結致しました。途中書式、構成変更等で読者の方には大変ご迷惑おかけしましたが、今後は変更等ございませんので、末永くご愛顧の程宜し

タグ

感想・レビュー 4

鐙武者、薄田隼人正兼相の物語。

極上の剣豪小説と軍記小説を2冊同時に読みきったような読後感です。 物語の終盤、薄田兼相と超有名なあの剣豪が対峙する場面は鳥肌ものでした。 そして、祇園藤次の存在が隠し味的なものになっていて、この秀逸な

武術好きにはたまらない!

主人公・薄田兼相の幼少時代から、剣術武者修行、仇討ち、仕官、大阪の陣と、武道探究者の人生が、おさえられた筆致ながらも丁寧に描かれている本格時代小説。林崎甚助重信、田宮重正、吉岡憲法 清十郎 伝七 祇

薄田兼相

主人公は岩見重太郎、後の薄田兼相。 薄田兼相といえば大坂の陣の折に、遊郭に通っていたせいで砦を落とされ、 淀殿に「橙武者」と罵られ嘲笑されたというエピソードを持つ。 というかそのエピソードぐらいしか現
もっと見る

この作者の作品