橙武者、推して参る

謎多き剣客、岩見重太郎とその後身・薄田兼相。その実像に迫る。

歴史・時代 連載中
4時間21分 (156,520文字)
武道ライターを生業とする作者の時代小説作品。歴史エンタメとしてお楽しみ下さい。
あらすじ
タグ
感想・レビュー 2
薄田兼相
迫力
この作者の作品
その他情報

公開日:2019/5/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る