受賞

きみのゆくえに愛を手を

彼が膝をつくそのとき、私に何ができるのだろう。

99 189

青春 完結
1時間16分 (45522文字)

あらすじ

 父親の再婚により、家族が増えた高校生のちぐさ。ある日、ちぐさは、義理の弟・晴彦がブラジャーを着けているところを目撃する。晴彦がファッションとして女物の下着を好んでいると知ったちぐさは、下着を買うのを

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

氷室冴子氏の後を継ぐ正統派作品

 第二回氷室冴子青春文学賞の大賞作品と聞いて、早速読み始めた。半分ほど流し見で読んで、「なぜこの作品が大賞なのだろう?」という疑問もあった。しかし、改めてじっくり読み進め、最後まで読み終えて間違えてい

出会えて良かった作品

「多様性」という言葉でひとまとめにされてしまいがちなことを、しっかりと突き詰めて、丁寧に、等身大で描いた作品でした。 なかなか言葉にされない、少女のありのままの心情が、明快に描かれていました。共感を

大賞 おめでとうございます

面白い上に、大変に勉強になりました。 つたないながらも小説を書く者の感想とは思えない貧弱な語彙ですが、どうやら私は、本当に感じ入ると飾った言葉は出てこないようです。 面白かったです。 「しわくちゃに

この作品を含む作品リスト 1件

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る