欽ちゃんの出前と奇跡の恋のお話

十八番ラーメン出前担当坂下欽二郎五十五歳であります。私に奇跡が起こりましたのであります。恋の奇跡なのであります。

27 346

14分 (7994文字)
宇南ちゃん初期の名作(笑)「欽ちゃんの一世一代の恋のお話」に加筆して再投稿しました。妄想コン「食べる」に出品しまーす。

あらすじ

Twitterの人気ワードからお題をいただいて短編を書いております。 今回いただいたお題は「出前」。 出前と言えば近所の十八番ラーメンの欽ちゃん。すっごいいい人なんすよ。毎晩犬の散歩で会うんですけども

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

ごちそうさまでした。

いえね、言うなァ簡単なんスよ。言うのは。 「ボーダレスで活躍で出来る社会を目指そう」なんてぇのはね。言うだけなら誰だって出来るんで。 でもね、そこのおニイさん。 「それ」をやるってなると簡単じゃぁない

上質な噺家の人情話

読んでいて楽しい…そんな印象が、この作品の最大の持ち味だと思います。 主人公の庶民的で飾らない語り口調、それでいて立て板に水の如く浴びせられる、主人公の思いの丈。 はて?…ノスタルジックですらある、

直球系純愛

緻密な文体に引きこまれる宇南ワールド。 ネタバレになるのであれこれ書けないが、秋穂の「台詞」を、ほぼ排除したところが特徴的。メールや手紙等の手段で「言葉のやり取り」は、いくらでも表現できたはずだが、そ

その他情報

公開日 2019/10/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る