忠勝伝4巻《紅聞の章》

「赤備えをお前に託す」敵陣を睨みつけたまま昌景は言った。

達也

4時間58分 (178,513文字)
忠勝伝4巻でございます。

196 2,160

あらすじ

 信玄の跡を継いだ勝頼は再び遠江に兵を進めた。一方の徳川軍も三方ヶ原の傷を徐々に回復し、反撃に転じる。三河武士たちの奮戦により、武田軍に奪われた領内の城を次々に取り戻してゆく徳川軍。 そんな中、畿内の

シリーズタグ

感想・レビュー 2

愛すべき[おろかもの]達に捧ぐ……

二瀬幸三郎です。 拝読いたしました。 刻は流れ、時代は激動の変革を迎える…… 果たして、諸説ある織田信長の[三段撃ち]はどのような解釈で描かれるのか…… などと思って読み始めましたが、結局、そんなも
1件1件

随所に訪れる…心揺さぶられる名シーン

お疲れ様でした。 忠勝…家康…信長の存在感。 そんな中で描かれる虎松…昌景…勝頼……そして鳥居強右衛門。 どうしても弱い者、滅びゆく者に感情を揺さぶられます。 三巻までも、いろいろと心揺さぶられた場
1件3件

この作者の作品

もっと見る