成層圏のバケモノ

最新鋭機の墜落事故が発生する。ボイスレコーダーに残った声を聴いた私は思わぬ墜落原因に衝撃を受けた

みぐ

14分 (7,991文字)
妄想コンテスト『バケモノ』の『優秀賞』作品です。

81 3,857

あらすじ

安曇航空機の最新鋭機JEJが墜落した。極東航空の女性初の査察機長である私は、その事故調査に参加することになった。しかしボイスレコーダーに残された音声記録を聞いた私はその驚愕の内容に恐怖した。 それは成

感想・レビュー 2

旅客機業界の「闇に潜むバケモノ」

本作では旅客機業界の闇に触れている。 故意のものではないが、シェア争いの結果、安全対策がおろそかになり、それが原因で墜落した旅客機が現実に存在する。 もしそれが故意に行われたらどうなるか、それをよく表
1件1件

真のバケモノとは

人間の、眼を使った画像認識システムは極めて精緻と言えるでしょう。 眼球に入った光を電気信号に変換して脳に送り、脳はリアルタイムでそのデータを処理し『画像』として認識します。それは例えば左右の視差を合成
3件2件

この作者の作品

もっと見る