おじいちゃんの流れ星

おじいちゃんが作った流れ星に、何を願おうか

昭島瑛子

青春 完結
6分 (3,503文字)
「星降る夜に」のテーマにそぐわないかもしれませんが、思いついてしまったので仕方ありません。

26 658

あらすじ

私の祖父は花火師だ。2020年の花火大会で引退する予定だったのに、新型コロナウイルスの影響で花火大会が中止になってしまい……。

感想・レビュー 3

コロナ禍だからこそ流れた星と、その想い

妄想コンテスト「星降る夜に」作品とのことです。 たくさん投稿作を読んできましたが、これほど意味のある「星」を描く作者様は初めてでした。 ラストシーンは消えゆく流線まで美しいです。 コロナ禍で晴れの
1件4件

新型コロナと小説の可能性

 拙い言葉の表現になってしまいますが、今まさに猛威をふるい続けている新型コロナウィルスの蔓延について、小説がどこまでそれを表現できるかの一つの答えであると思います。  語られる物語は完全に仮構のもので
2件

ずっと未来に残ってほしい作品です

あまり感想は得意ではないのですが、あまりにも完璧すぎて、書きました。 おそらくプロ、アマ含めて多くのコロナに関連した作品が書かれたと思います。 わたしもその中の数作品を読みましたが、コロナの状況や辛さ
3件2件

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2020/7/25