Gils in the knigts of "Byakuren".① 【黄昏どきのユニコーン】

あの頃のドキドキワクワクを思い出して!

くるりんくるす

1時間55分 (68,872文字)
ひとつひとつの言葉を選びながら一生懸命書きました。

51 2,635

あらすじ

「時を司る運命がキミを選んだ。 偶然かもしれないし はじめから決まっていたのかもしれない。 だけど、キミと出会うことは知っていたよ。 それは、はるか遠い 世界のはじまりのときかもしれないし 終わり

シリーズタグ

感想・レビュー 3

繊細な情景描写が輝く作品

全体を通して、細やかで無駄のない情景を描く方だと感じました。 きらきらと輝くような光景を非常に上手に書かれています。 メインの女の子2人(プラス1人)の友情関係はとても爽やかで、ドロドロとしたも
1件1件

少女たちの友情が素敵な物語

最後まで読ませていただいたので、レビュー失礼します! 作品の和の雰囲気といいますか、仏教を感じさせる学園を舞台にした少女たちの物語。楽しく読ませていただきました。その学園の風景も印象的でした。 そして
ネタバレあり
2件2件

レビューです

本屋によくある小説書き方マニュアル本を見るとよく分かるのですが、NG用法が結構多い感じです。例を挙げると自分の造語やポエムで突っ走ると読者はついていけない、最後が漫画単行本打ち切りのよくある文句「ぼく
2件

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2020/9/15